住宅購入サポートプランのご案内

マイホームは大きな買い物ですから、様々な不安があるかと思います。その中でも、大きな不安は2つ。

1つ目は、お金に関する不安。

うちの家計ならいくらまでの物件を買えるのだろうか。ローンは返していけるの?という不安です。

2つ目は、物件に対する不安。

この物件、欠陥ないよね?問題物件じゃないよね?周辺地域の環境は良いかな?といった不安です。

1つ目のお金に関する不安は、ライフプラン相談を受けていただくことで、解消できます。でも、2つ目の不安は解消できません。そこで、2つ目の不安も解消していただくために、住宅購入までのサポートプランをご用意しました。

ライフプラン相談を受けていただいた結果、住宅を購入しても問題ないと思われた方に対し、ご案内しているサポートです。

住宅購入サポートプランの内容

サポートプランは、私一人で行っているサービスではなく、不動産分野に精通するFP、保険分野に強いFPなど、FP仲間とチームを組んで行っているサービスとなります。各分野専門のFPが、お客様の立場にたったサポートをさせていただきます。下記が、サポートプランの概要です。

なお、住宅購入サポートプラン対象地域は首都圏のみ、新築マンションは対象外となります。

資金面でのサポート

ライフプラン相談を終えた後は、マイホームを購入した場合の生涯の家計状況をずいぶんイメージすることができるはずです。また、いくらの物件なら返済できるのか、安全圏も知ることが出来ます。

その後に行うべきことは、下記、赤枠部分であるライフプラン改善提案後の疑問解消です。

住宅ローン、税金、どうやって考えればいい?

いざ、買いたい物件が決まったら、次の大きな壁は住宅ローンです。

どこの銀行にするのか、頭金はいくらにするのか?返済期間は何年にするのか、変動金利?固定金利?繰り上げ返済はどうすればいい?たくさんの疑問が出てきます。さらに、住宅ローン控除対象物件であれば、住宅ローン控除と返済方法をセットで考えたいものです。

これらの疑問をクリアにするには、やはり、最初に作ったライフプランに立ち返ること。

ご相談者のライフプランや収入、貯蓄状況によって、その答えは違います。ライフプランを作成した私だからこそ、住宅ローンの返し方についても適切なアドバイスを行えます。

ご相談者のお考えもじっくり伺いながら、住宅ローンや税金などについて、レクチャーいたします。

火災保険はどうしたらいい?

必ず加入するのが火災保険です。

賃貸の場合と違い、保険に加入する範囲も広くなり、保険料もグッとアップします。どの保障が必要?そもそも、この保障って何?地震保険はどうする?など、火災保険加入の際も、迷うことが多いものです。

最近は、気候変動で災害リスクが高まり、火災保険の保険料も上昇傾向にあります。しかし、節約して良い保障、節約してはいけない保障があります。また、おりると思っていた保険金が、認識間違いでおりなかったということも避けたいですね。

物件状況や保険金と保険料のバランスなど加味しながら、火災保険加入の考え方をお伝えします。

生命保険はどうしたらいい?

ローンを組んだら団体信用生命保険に加入します。そうすると、今契約している生命保険と重複する部分もあるかもしれません。なるべくムダは省きたいものですが、省きすぎるのも、問題です。

まずは、何の保障が必要で、何の保障が不要か、自分にとって必要な保障を知りましょう。必要な分だけ保険に加入すれば、ムダな保険料は発生しませんし、なおかつ、万一のリスクもカバーできます。

生命保険についてもスッキリ整理できるよう、アドバイスさせていただきます。

物件面でのサポート

物件購入価格の目処がついたら、物件探しです。ネットであれこれ検索・・・

なかなか、いい物件が見つからなかったり、すぐに理想の物件に出会えたり、様々ですが、理想の物件に出会えたとしても、素人目には良さそうだけど、本当にいい物件なのかな・・・と、不安になることも。

そこで、物件面でのサポートを行い、物件に対する疑問を解消させていただきます。

失敗しない物件選びのポイントってあるの?

物件を探すにあたり、何を重視して探せばよいのか、失敗しないポイントはあるのか?探し始める前に、知っておきたいものです。なぜなら、売れさえすれば良いと考えている不動産業者に惑わされなくなりますし、エリアの傾向など事前に知っておくことで、効率的に物件探しを行えます。

ご相談者の希望に沿った物件選びなど、理想の物件に出会えるようカウンセリングを行います。

この物件、本当に買っても大丈夫?

気に入った物件に出会えたとしても、本当に買っても大丈夫か、やっぱり心配ですよね。

物件に欠陥はないか、居住環境は良好か、大きく資産価値が下がるような物件ではないか、ライフプランが崩れてしまうような物件ではないかどうか、など、内見時に現場をチェックし、結果を報告しますので、購入の判断材料としていただくことができます。

重要事項説明と調査報告

契約日当日は、はじめて聞く難しい言葉がたくさんの重要事項説明が読まれ、それが終わると契約書に押印し手付金を払います。売り主主導で進行するため、買い主は、ちょっと気になることがあっても、質問しずらい雰囲気で冷静さも失われてしまいます。大きな買い物なのに、重要事項をほぼ理解できず、不動産を吟味する時間もなく、契約することになるのです。

そのような状態を避けるため、契約日の前に、物件の調査報告および重要事項の説明を売り主不在で行います。契約日の予行練習的な位置づけです。

調査報告については、周辺の治安状況などの聞き取り調査、長く住めなくなるような要因となる法律はないか役所で確認、地盤汚染や騒音の問題はないかなど、独自の調査から得られる情報を報告し、買ってよいかどうか最終判断できる場を設けています。

買い主は、気になることがあれば、何でも質問できますし、事前にこのような場を設けることにより、物件のいいところも悪いところもすべて承知の上で、契約当日を迎えていただけます。

住宅購入サポートを受けることにより、資金面においても物件面においても、不安や疑問はクリアになります。もし、理想と異なる部分があったとしても、それを知り納得した上で購入するのであれば、マイホーム購入が失敗することはありません。

資金面も物件面もしっかりサポートするようなサービスは、不動産業者ではほとんど行っていません。しかし、大きな買い物だからこそ、絶対に失敗してほしくありません。私は、家族みんなが喜び、本当に買ってよかったと思ってほしい、そんな考えからサポートを行っております。

住宅購入サポートプランは、ライフプラン相談を受けていただいた結果、住宅を購入しても問題ないと思われた方に対し、ご案内しているサービスです。まずは、ライフプラン相談を受けてください。

ライフプラン相談の詳細は、こちら